「NK細胞」を活性化させる青汁

「NK細胞」を活性化させる青汁

皆さんは、「NK細胞」というものを聞いたことがあるでしょうか。
NK細胞とは細胞傷害性リンパ球の一種であり、もともと人の体内に存在しています。
これは免疫力にかかわるとても重要な役割を果たすため、なくてはならない存在です。
なので、NK細胞を活性化させられれば免疫力をより得ることができます。

NK細胞は広く知られた存在ではない上に、「細胞傷害性」という性質の名前もついてくるので「害のある存在」と思われますが、まったく違います。
先述のように、免疫機能をしっかり保っていくにはなくてはならない重要なポジションにあります。
免疫に関する細胞といえば、マクロファージやヘルパーT細胞、キラーT細胞などがありますが、どれも病原菌が体内に侵入してからそれぞれの役目を果たすのが普通です。
しかしNK細胞はそれらとは違って、病原菌が侵入していなくても常に体内に異常が生じていないかチェックしてくれるので、免疫を保つためにはたらく細胞の中でも重要といえるのです。
とはいっても、日ごろの食生活の栄養バランスが整っていてもいなくても、思い通りにNK細胞を活性化させるのは難しいものです。
そこで役に立つのが青汁です。
青汁には主な原料としてケールが挙げられますが、このケールにカギがあります。
ケールはメラトニンを含んでおり、このメラトニンがNK細胞を活性化させる効果があり、効率よく摂取していくことができます。
NK細胞の機能は年齢とともに低下していくため、NK細胞の青汁による活発化は特に高齢者におすすめです。
しっかりNK細胞がはたらくようになっていれば、がん細胞をはじめとする病原体を退治してくれるわけですから、がんなどの死につながりかねない病気の発症リスクも下げることができます。
ケールが豊富に含まれている青汁を選べば良いだけですから、数ある青汁からそれぞれケールの量を比較するなどすれば、比例してメラトニンを多く摂取できるということになり、結果としてより効率的にNK細胞を活性化させることができます。
ちなみに、NK細胞を活性化させるには、禁煙や適度な運動、十分な質の良い睡眠も重要になってくるので、ただ青汁を飲むだけでなくこういった点も実践しておくようにしましょう。

トップに戻る