≪原材料≫青汁の素材をチェック

青汁の「個性」とも言える原材料の野菜。
このページでは、そんな原材料について徹底的に比較しています。
製品選びの参考にしていただければ幸いです。

明日葉-Angelica keiskei-

最近の青汁製品で、最も人気を獲得している製品の一つ。
セリ科シシウド属の植物です。

非常に珍しい日本原産の野菜で、八丈島や伊豆諸島などの温暖な地域に自生しています。
明日葉の本場【八丈島】では、古くから料理にも使われていて、エグみや苦みが少ない味わいが特徴です。
(現地では天ぷらやバター炒めなどの調理方法で親しまれています。)

明日葉に含まれる栄養素

明日葉に含まれる代表的な栄養素としては、ポリフェノール類が挙げられます。
その中でも注目されているのが、カルコンクマリンなどの成分。

これらの成分には、優れたデトックス作用があると言われています。
体の老廃物をスッキリと洗い流してくれるので、ダイエットやむくみのケアなどに役立ってくれるのが特徴です。

もちろん、食物繊維やミネラル、ビタミンなどもしっかりと含有されています。
これらの栄養素の含有量はケール以上と評価されることも!

大麦若葉-Hordeum vulgare-

大麦若葉は、イネ科の植物。
世界で最も古くから栽培されていた作物の一つである大麦を若い(青い)段階で摘み取ったものです。
最大の特徴は、サッパリとした味わい。
甘味さえ感じるほどで、苦みやエグさとは無縁です。

非常に飲みやすく続けやすいのが最大のメリットと言えるでしょう。

大麦若葉に含まれる栄養素

大麦若葉は飲みやすいだけでなく、栄養価が非常に豊富に含まれているのが特徴。

特に注目したいのは、SOD酵素という成分です。
この成分は、強力な抗酸化作用を持っているのが特徴で、エイジングケアにしっかりとパワーを発揮してくれます。
美容への意識が強い方に特にオススメしたい野菜です。

もちろん、SOD酵素以外にも栄養価はしっかり凝縮されています。

ミネラル類としては、カルシウムや鉄分などが魅力的。
さらに、ビタミン類としては、β-カロテンやビタミンB1、ビタミンCなどが含有されています。

その為、生活習慣の乱れが気になっている方にもオススメです。

クマイザサ-Sasa veitchii-

イネ科ササ属の植物で、熊が冬眠前に食べることでも知られています。
栄養価が非常に豊富で、消毒作用や殺菌作用に優れているのがポイント。
中国では、漢方としても使用されていた植物です。

クマイザサに含まれる栄養素

葉緑素や多糖類のバンフォリンなどが注目成分として挙げられます。
そしてなんといっても食物繊維が豊富です。

また、ビタミン類が豊富に含まれているのもポイント。
ビタミンC、ビタミンK、ビタミンB1、ビタミンB2などがたっぷり含まれています。

健康管理にも美容にも役立つ野菜です。

その他の野菜

上記以外の青汁素材としては、例えば、ケールなどが挙げられます。
ケールはひと昔前まで主流の原材料でしたが、最近では、クセが強すぎる為、単体で使用されるケースは少なくなってきています。

飲みやすさを無視して「栄養価だけにこだわりたい」という場合は、ケール青汁も選択肢に加えて良いかも知れませんが、基本的には他の野菜を使った青汁を選ぶべきでしょう。
(※大麦若葉や明日葉は、ケール以上に栄養価のバランスが良く、含有量が豊富と評価されるケースもあります。)

トップに戻る