青汁イメージ

青汁は胃痛・胃炎などに効果的

青汁は野菜不足を解消し健康な体を作り、美容やダイエット効果も期待できるというのは皆さん良く聞くと思います。
その上、胃痛・胃炎にも効果があると言われています。
胃痛や胃炎は、暴飲暴食・ストレスなどが原因で胃に炎症が起こってしまったり、胃酸が過剰に分泌することで起こります。
それにより痛みや食欲低下・体重減少が起こる事があります。
青汁には、胃の粘膜を保護し炎症を回復してくれるビタミンA、消炎作用・デトックス効果が期待できるクロロフィル(葉緑素)、腸内環境を整える食物繊維、消化吸収を助ける酵素など様々な栄養がたくさん入っているので飲み続ける事によって症状が緩和され改善する事ができます。
胃痛・胃炎がある場合には、胃をあまり刺激しないようにして、食前30分位に青汁を飲むことで、胃壁を保護し胃の働きを良くしてくれます。
それと合わせて、胃に負担をかけない・消化吸収の良いもの・栄養バランスを考えた食生活をして、ストレスをためないようにすることで効果が期待できます。
症状がひどいときには診察を受けてから自分に合った青汁を飲んで体質改善するとよいでしょう。